2017/05/23 23:12

発色状態は下記の写真を参照ください。なお、表示機器(ディスプレイやスマホなど)の設定や性能により発色状態は若干異なって見えることをご了承ください。質感も含めた実際の発色状態に関しては、下記の説明をご参考ください。

側面+裏面、裏面のみ、手帳型スマホケースはそれぞれ印刷方法や表面状態の違いにより、同じ柄であっても見た目が多少異なってきます。
各写真は、iPhone6/6s用です。また、検証段階のパターンを用いているため、各々のパターンは実際のものとは多少異なる場合がありますのでご注意ください。

側面+裏面のタイプ

『3Dインクジェット昇華転写印刷』という印刷方法を用いており、表面がコートされているためツヤ有りとなっています。そのため、つるんとしていて光沢があり、模様もはっきりと出やすいのが特徴てす。色も画像よりも若干濃くなります。



裏面のみのタイプ

『UVインクジェット印刷』という印刷方法を用いており、表面には印刷インクによる凹凸があります。また、下地の白色プラスチックも反射の少ないものであるため、全体として表面反射が少ないです。したがって、模様としては色が浅く大人しめな感じになるのが特徴です。



手帳型のタイプ

『UVインクジェット印刷』という印刷方法を用いています。レザー調の凹凸があり、光沢のない表面となっています。発色としては、側面+裏面タイプと裏面タイプの中間というところであり、画像の色に一番近い感じがあります。